カードローンの返済方式、リボルビング払いの怖さ

掲載日:

リボルビング払いの怖さ

リボルビング払いとは?

カードローンやクレジットカードの返済方式の1つに「リボルビング払い」というのがあるのはご存知だと思います。

リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆく。「リボルビング」の原型動詞 “revolve” は「回転する」意味があるため(回転式拳銃をリボルバーともいう)、回転信用とも呼ばれる。

また、リボルビング払いにおいて毎月支払う最小の返済義務額のことをミニマムペイメントと呼ぶ。ミニマムペイメント自体をリボルビング払いの本質と誤解されがちだが、あくまでも支払い最小額を指す言葉である。また、後述する残高スライド方式のことをミニマムペイメント方式と呼ぶこともある。

出典リボルビング払い – Wikipedia

最近ではリボルビング払い専用のクレジットカードやローンカードが多くなっています。

クレジットカードで買い物をして、月々の返済でリボルビング払いを選択して借金が一向に減らなくて苦労したかたも多いのではないでしょうか?

ショッピングのローンなどは商品ごとにローンを組んでローン件数が増えると返済額も増えていきますが、リボ払いの場合は個別の商品ではなく残高全体に対して毎月返済を行う形式になります。

そして、この月々の返済での最少返済額をミニマムペイメントと言います。

例えば30万円の借り入れ残高なら月々7,000円、30万円超50万円以下なら1万円がミニマムペイメントと借り入れ残高によってテーブル制になっています。

リボルビング払いの怖い点

  • 借入額が増えても毎月の返済額が変わらないため、借金をしているという意識が薄れる。結果、知らず知らずのうちに借入を増やしてしまいがちになる。
  • 借入額が増えると返済期間が長くなり、利息の負担が激増する。
  • 返済総額が分かりにくく、利息の多さが実感できなくなる。

出典リボルビング払い – Wikipedia

借入額が増えても毎月の返済額か変わらず、借金をしている意識が薄れる、これがリボルビング払いの恐ろしい点ですね。

借入額が増えても毎月の返済額が変わらないということは借金は増えていく一方ですし、おまけにミニマムペイメントだけの返済なら金利相当程度ですので永遠に借金はなくなりません。

世の中の多重債務者のほとんどがこのリボルビング払いで躓いて、多重債務者へと転落していくパターンと言われています。

クレジットカードの場合、ショッピング枠は貸金業法の規制対象ではありませんので年収の3分の1以上の借入をすることができます。

これが多重債務者を多く生み出し、自己破産などの債務整理の原因の多くを占めるとして問題になっています。

ショッピング枠が総量規制対象外であることに加えてミニマムペイメントでの返済で借金への意識が薄れることが拍車をかけていると思われます。

リボルビング払いの種類

リボルビング払いは大きく分けて定額方式定率方式残高スライド方式に分類される。

定額方式

元利定額リボルビング方式
毎月、あらかじめ指定した一定額を支払い、その中から利息を差し引いた金額を元金返済に充てる方式。
支払額は毎月一定だが一定額の中に利息の支払いが含まれているため、元金が指定した額ずつ返済されるわけではない。
元金定額リボルビング方式
毎月、あらかじめ指定した一定額に加えて利息を支払う方式。
指定した一定額はすべて元金の返済に充てられ、それとは別に金利を支払うのが特徴。このため同額に設定した場合、元利定額リボルビング方式と比較して早期に返済が終了する。

定率方式

元利定率リボルビング方式
毎月、〆日における借入残高を確定し、借入残高に利息を加えた額に対して指定した割合(定率)で返済する方式。
元金定率リボルビング方式
毎月、〆日における借入残高を確定し、借入残高に対して指定した割合(定率)で返済する方式で借入残高に定率を乗じた返済額に加えて利息を支払う方式。

定率方式は借入残高に対して常に100%未満の返済を行うため、本方式のみでは理論上返済が終了しない。このため、完全に清算するためには明示的に一括返済を行うなどの手続きが必要である。

残高スライド方式

毎月、〆日における借入残高を確定し借入残高に応じて段階的に返済定額(ミニマムペイメント)または定率を変更する方式(スライド制)の総称。残高スライド方式は大別して残高スライド定額方式残高スライド定率方式に分かれ、それぞれが更に元利均等方式および元金均等方式に分類される。

出典リボルビング払い – Wikipedia

各方式にはそれぞれ特徴がありますが、どの方式も借金が確実に減っていく方法にはなっていません。

ですのでリボ払いの借り入れがあるなら、月々ミニマムペイメント以上の金額を随時任意返済で返済していかなければ借金地獄から脱出することは出来ません。

-カードローンtopic
-, ,

Cashing案内 シジミ通販

関連TOPIC

キャッシング、カードローンと個人信用情報

キャッシング、カードローンと個人信用情報

キャッシング、カードローンと個人信用情報   金融会社でローンを組んだりキャッシングを行った場合、あるいは、キャッシングの申込みを行った場合も、その情報は個人信用情報機関という所にすべて記録されます。利用者(申し込み者) …

詳細はこちら

借り入れ初めの一歩

借入れはじめの一歩

借入れはじめの一歩 ちょっとした借入れに便利なのは、CDやATMでお金を借りられるカードローンです。 最近は大手銀行でもカードローン事業に参入し、目を引くコマーシャルなどを展開しているのでご存知の人も多いのではないでしょ …

詳細はこちら

おまとめローン、借り換えローンの審査基準と注意点

おまとめローン、借り換えローンとは

おまとめローンとは ・借入金額・借入件数が増え、月々の返済額が多くなってきたので低金利のローンに借り換えたい。 ・ローンを一本にまとめて月々の返済金額を減らしたい。 このような方は多いのではないでしょうか? 上記のような …

詳細はこちら

東京スター銀行スターワンバンクローン(のりかえローン)

カードローン、多重債務の温床に?貸出残高が急増、3メガで1.6兆円 

産経新聞より引用http://www.sankei.com/economy/news/170516/ecn1705160029-n1.html 銀行が無担保で貸し付けるカードローンの貸出残高が年々増加し、多重債務の温床と …

詳細はこちら

闇金業者、ソフトヤミ金の見分け方

悪質業者の見分け方

悪質業者の見分け方 最近、高利のヤミ金融、ソフト闇金からお金を借りて、多額の利息をとられたり、厳しい取立てにあう被害が増えてきています。 そのような被害にあわないために、次のような点に注意しましょう。 (1)登録業者かど …

詳細はこちら

お借入れ希望条件
借入希望金額
万円

  借入希望金額を入力してください
希望借入金利
%/年以下

  年利7.50%の場合[7.50]
職業
  職業を選択してください
ローン種別
  ローン種別を選択してください
その他











希望する条件を選択してください
検索条件は必須ではありません。
※検索結果は金利や限度額で並べ替えができます。
初めての方に金利0円、アコム