キャッシング、カードローンと個人信用情報

掲載日:

キャッシング、カードローンと個人信用情報

キャッシング、カードローンと個人信用情報

  金融会社でローンを組んだりキャッシングを行った場合、あるいは、キャッシングの申込みを行った場合も、その情報は個人信用情報機関という所にすべて記録されます。利用者(申し込み者)の名前・生年月日・利用(申し込み)状況・現在の借入れ件数や金額、過去の利用履歴や延滞情報などの個人情報が記録されています。

また、個人信用情報機関は以下の3機関あり、加盟する業種が異なります。(株)シー・アイ・シー(CIC)
銀行、信用金庫、信用組合、農協などの金融機関
延滞・契約満了5年、破産等7年、申込み6カ月

全国銀行個人信用情報センター(通称:全銀協/KSC)
銀行、信用金庫、信用組合、農協などの金融機関
延滞・契約満了5年、破産等10年

日本信用情報機構(JICC)
消費者金融業者
延滞・契約満了5年、破産等5年

各機関は、原則的には互いの情報交換をしていないのですが、事故情報(ブラック)だけは互いに把握できるようなシステムになっています。

個人信用情報の開示方法

以前は個人信用情報機関の窓口での開示、郵送での開示の2通りの方法のみでした。

現在、CIC・JICCではWebで開示することも可能で、CICとJICCは支払いにクレジットカードが利用可能です。

  • CIC

クレジット会社に登録してある電話番号で受付番号を取得。

必要事項を入力して、本人名義のCICが指定するクレジットカードで利用手数料を支払い、PDFファイルをダウンロードする形式です。

  • JICC

JICCはスマートフォンにアプリをインストールしてそこから開示手続です。

必要事項を入力して、本人名義のCICが指定するクレジットカードで利用手数料を支払い、開示報告書は郵送で受け取る方式です。

本人確認書類はスマフォで撮影してアプリから送信する形式です。

  • 全国銀行個人信用情報センター(通称:全銀協/KSC)

KSCは郵送による開示のみです。

郵送による開示方法

3機関とも手続きはほぼ同じで、必要書類は以下になります。

  1. 登録情報開示申込書
  2. 本人確認資料2点
  3. 開示手数料(1,000円分の定額小為替証書)

情報機関ごとに多少必要な本人確認資料が違うのと、登録情報開示申込書の書式が少し違う程度です。

申込書はHPからダウンロードして手書きするか、Web上で入力した内容をPDFでダウンロードするかになります

申込書に記入する内容としては、本人情報、現住所、以前に住んでいた住所、日中の連絡先などです。

結婚などで姓が変わった場合は旧姓での開示も希望すると、現在の名前と過去の名前で照会してもらえるようです。

定額小為替証書はゆうちょ銀行で発行してもらいますが、手数料が100円×3通分かかります。
あとは切手代です。

1週間程度で情報開示書類が送られてきます。

-カードローンtopic
-, ,

Cashing案内 シジミ通販

関連TOPIC

消費者金融カードローン審査

消費者金融カードローン審査、ここがポイント

消費者金融カードローンの審査ポイント プロミス、アコム、アイフル、モビットなどの消費者金融のカードローンでお金を借りたいと思い早速インターネットで申し込みをしたが、即座に審査に落ちたとのメールを受け取った。 他社借入があ …

詳細はこちら

キャッシング審査に落ちる理由

キャッシング審査のポイント、審査に通らない理由はココ

キャッシング審査のポイント せっかくキャッシングやローンの借入れをしようと思っても、審査に落ちて融資を断られいやな気分になったことはありませんか? 「審査」をされて「落とされる」というのは、何か自分という人間を否定された …

詳細はこちら

カードローン返済が滞った時のデメリット

カードローンの返済、延滞した場合のデメリット

カードローンの返済を滞った場合のデメリット お金に困った時に便利なのがカードローンです。 無担保且つ使途の自由度も高く、いざという時にあると役立ってくれます。 ただ、支払いをきちんと行っていかないと、後々になってから困っ …

詳細はこちら

個人融資 ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行が「口座貸越サービス」で個人融資に参入

無担保最大50万円、ゆうちょ銀行が個人融資に参入 平成29年3月30日 産経新聞より引用 ゆうちょ銀行が個人向けの無担保融資業務の参入に向けて、31日に金融庁と総務省に認可申請することが29日、分かった。 口座から現金を …

詳細はこちら

無利息サービスがあるキャッシング

初めてのキャッシング、借りるなら無利息キャッシング

初めてのキャッシング どうしても現金が必要・・・という時に利用できるのが、カードローンやキャッシングです。 手持ちのクレジットカードでも、お金を借入れることは可能で、特別な手続きをすることなく、すぐに利用できるという利点 …

詳細はこちら

お借入れ希望条件
借入希望金額
万円

  借入希望金額を入力してください
希望借入金利
%/年以下

  年利7.50%の場合[7.50]
職業
  職業を選択してください
ローン種別
  ローン種別を選択してください
その他











希望する条件を選択してください
検索条件は必須ではありません。
※検索結果は金利や限度額で並べ替えができます。