消費者金融カードローン審査、ここがポイント

掲載日:

消費者金融カードローン審査

消費者金融カードローンの審査ポイント

プロミスアコムアイフルモビットなどの消費者金融のカードローンでお金を借りたいと思い早速インターネットで申し込みをしたが、即座に審査に落ちたとのメールを受け取った。

他社借入があるので審査に通るか不安だったが、勇気を出して申し込んだらやっぱり駄目だった。

銀行カードローンではなく消費者金融のカードローンに申し込んで即座に断られる理由に多いのが、なんといっても一番は総量規制による貸付金額の上限(年収の3分の1以上は貸し付け出来ない)によるものです。

銀行カードローンの場合は総量規制対象ではありませんので、申込者の属性によりますが年収の3分の1以上を借り入れすることは可能です。

銀行もしくはカードローンの保証会社がこの人に貸し付けても大丈夫だと判断すれば借り入れ可能です。

ですが、消費者金融の場合は法律で年収の3分の1以上の貸し付けが出来ないという総量規制の対象ですので、消費者金融がこの人の属性なら年収の3分の1以上貸し付けても大丈夫そうだと考えても、法律で禁止されているのでお金を貸したくても貸すことができません。

ですので消費者金融カードローンの利用を考えた時、自分の現在の借り入れが年収の3分の1近くある場合はほぼ借り入れは不可能だと考えた方が良いでしょう。

対策としてはカードローン申し込みをする前に、苦しいでしょうが地道に返済をして借入残高を減らしてから申し込むことで審査に通る可能性が高まります。

消費者金融カードローンで借り換える方法もある

自分が他社に借り入れがあり、新たな消費者金融業者に申込を考えているなら「借り換えローン」としての利用を考えてはどうでしょか?

「借り換えローン」とは他社の借り入れを新たな金融業者から借り入れたお金で返済し、今後の返済を新たな金融業者に対して行っていくローンになります。

「借り換えローン」を行っている金融会社はオリックスクレジット等、数多くあります。

「借り換えローン」での申し込みをすると金融会社によっては他社への残債を金融会社が振込手続きまでしてくれるところもあります。

この「借り換えローン」を考える場合に注意しなければいけないのが、新たに借りる「借り換えローン」の金利が現在借りている金融会社の金利より低くなければ意味がありません。

高い金利のローンを低い金利のローンに借り換えると、月々の金利負担がへるので返済回数が同じであれば総返済額を減らすことができます。

これが、低い金利で借りているローンを高い金利に借り換えるとなると月々の金利負担が増え「借り換えローン」の意味がありません。

ですので、借り換えローンを考える場合はよくカードローンの金利や借り入れ条件を考えて借り換えするか判断してください。

複数ローンを借りているなら消費者金融でおまとめローンもある

現在複数の借り入れがある場合は、複数ローンの借り入れを一本化する「おまとめローン」で返済の手間や返済総額を減らすことが可能です。

  • 月々の返済日が複数あって返済の手間を減らしたい。
  • 低い金利のローンで複数ローンをまとめて金利の負担、総返済額を減らしたい。

といった場合にはおまとめローンへの一本化を考えてもいいでしょう。

おまとめローンを借りる場合でも注意しなければいけないのは、借り換えローンと同じく現在借りているローンより低い金利のローンでおまとめをすること。

現在借り入れしているローン金利よりも金利の低いローンでおまとめローンを組まなければ、月々の金利負担が減ることはありません。

また、返済方法にも注意をしましょう。

東京スター銀行のおまとめローンのように証書貸し付けであれば、月々の返済額や返済回数などが決まっていますので、返済を重ねていくことで残債は確実に減っていきますが、リボルビング方式での返済になると月々の返済は最少返済金額(ミニマムペイメント)だけで済むので、ミニマムペイメントでの返済を続けている限り月々の返済が金利の支払いに充当され、一向に借金が減らないということにもなりかねません。

リボルビング返済の恐ろしいところがこのミニマムペイメント方式での返済です。

クレジットカードでリボルビング払いをして、月々の返済はしているけど何年たっても借金が無くならないという思いをした方は結構いるのではないでしょうか?

借金を完済するつもりでおまとめローンを考えるならば、この返済方法についてもよく考えておまとめローンを選択しましょう。

 

-カードローンtopic
-, , ,

Cashing案内 シジミ通販

関連TOPIC

キャッシング、カードローンと個人信用情報

キャッシング、カードローンと個人信用情報

キャッシング、カードローンと個人信用情報   金融会社でローンを組んだりキャッシングを行った場合、あるいは、キャッシングの申込みを行った場合も、その情報は個人信用情報機関という所にすべて記録されます。利用者(申し込み者) …

詳細はこちら

銀行カードローンを利用するメリット

銀行カードローンでお金を借りるメリット

銀行カードローンのメリット1 所得証明不要で借り入れが出来る 銀行カードローンでお金を借りる人が増えていますが、それにはいくつかの理由があります。 消費者金融会社でキャッシングを行う場合、ほとんどのところで源泉徴収票など …

詳細はこちら

銀行カードローン

3メガ銀、カードローン融資の自主規制を強化

 銀行が無担保で個人に融資する「カードローン」で過剰な融資が相次いでいる問題で、3メガバンクが融資にかかわる自主規制を強化していることが26日、わかった。 みずほ銀行はカードローンによる融資額の上限について利用者の年収の …

詳細はこちら

カードローン返済が滞った時のデメリット

カードローンの返済、延滞した場合のデメリット

カードローンの返済を滞った場合のデメリット お金に困った時に便利なのがカードローンです。 無担保且つ使途の自由度も高く、いざという時にあると役立ってくれます。 ただ、支払いをきちんと行っていかないと、後々になってから困っ …

詳細はこちら

東京スター銀行スターワンバンクローン(のりかえローン)

カードローン、多重債務の温床に?貸出残高が急増、3メガで1.6兆円 

産経新聞より引用http://www.sankei.com/economy/news/170516/ecn1705160029-n1.html 銀行が無担保で貸し付けるカードローンの貸出残高が年々増加し、多重債務の温床と …

詳細はこちら

お借入れ希望条件
借入希望金額
万円

  借入希望金額を入力してください
希望借入金利
%/年以下

  年利7.50%の場合[7.50]
職業
  職業を選択してください
ローン種別
  ローン種別を選択してください
その他











希望する条件を選択してください
検索条件は必須ではありません。
※検索結果は金利や限度額で並べ替えができます。