銀行カードローンでお金を借りるメリット

掲載日:

銀行カードローンを利用するメリット

銀行カードローンのメリット1 所得証明不要で借り入れが出来る

銀行カードローンでお金を借りる人が増えていますが、それにはいくつかの理由があります。

消費者金融会社でキャッシングを行う場合、ほとんどのところで源泉徴収票などの収入を証明する資料の提出を求められます。

これは、消費者金融会社が融資申し込み者に貸し付ける額に、貸金業法によって制限がもうけられているためです。

収入の3分の1以上のローンを行うことができない総量規制と呼ばれるものですが、これによって消費者金融会社などの貸金業者は大きすぎる融資を行えなくなっています。

一方、銀行は貸金業法が適用されず、銀行法に基づいて業務を行っているため、総量規制の対象になっていません。

そのため、カードローン申し込み者から源泉徴収票などを受け取る必要がなく、所得証明不要で申し込むことができる銀行系カードローンが増えてきています。

オリックス銀行が提供しているカードローンは、300万円までの融資であれば、所得証明不要で申し込むことができます。

銀行は、貸金業法が適用されない金融機関であり、総量規制の影響を受けないカードローンであるためです。

なお、返済期間は、3カ月、6カ月、9カ月、12カ月など、融資希望者のニーズに応じて選ぶことが可能になっています。

また、オリックス銀行のカードローンは、金利が年率最低1.7パーセントから最高17.8パーセントに設定されています。

最低金利の1.7パーセントはカードローン業界で一番低い部類に入り、新しい車を買う場合や海外への留学費用などについても、低金利で資金調達を考えることができます。

カードローンですので、保証料や担保などは当然ながら不要になっています。

消費者金融会社などの貸金業者はもちろんですが、銀行系カードローンと比較しても、オリックス銀行のカードローンの金利は低く設定されていますので、複数の業者からキャッシングを行っている人であれば、オリックス銀行のカードローンを使って、融資をまとめることが可能になっています。

ただし、オリックス銀行カードローンを申し込む場合は、勤務先への在籍確認が行われます。

融資希望者が入力した勤務先に銀行担当者が電話連絡を行い、本人が本当にそこで働いているかを口頭で確認するためのプロセスです。

銀行名ではなく、担当者の個人名で電話をしてくれますので、職場にカードローンを借りようとしていることが分かるリスクはあまりありません。

また、メガバンクや地方銀行などもカードローン・ビジネスを積極的に展開しており、所得証明不要の便利さから、利用者が急増しています。

銀行口座を持っていれば、ATMでキャッシュカードで入出金をする際、「カードローンに興味はありませんか?」という表示がATMスクリーンに出てくることがあります。

銀行の店舗内にカードローンの自動契約機が併設されているケースが増えており、最近は収入がない主婦の人でも銀行のカードローンを使ってお金を借りることができるようになっています。

主婦の人の場合、上限が30万円までという形で融資可能額が低めに設定されていますが、保証人や担保が不要で、配偶者の収入証明も必用ないため、気軽にカードローンを使える仕組みになっています。

銀行カードローンのメリット2 周りにカードローンを利用していることを気付かれにくい

また、銀行の支店で手続きを行えることから、周囲の人に「カードローンをしている」と気づかれにくいことも、銀行系カードローンでお金を借りるメリットになっています。

メガバンクや地方銀行の支店は、どの地域でも家の近くに設置されている場合が多く、そのATMコーナーに知り合いがいることはよくあり、普通はキャッシュカードを使って入出金を行っているとしか周りは思わないためです。

また、日本銀行によるマイナス金利の導入によって、銀行カードローンの金利は低下しています。

消費者金融会社などの場合、銀行とは違って預金者からお金を集めることができません。

そのため、消費者金融会社などの貸金業者は、金融市場からある程度の金利を支払って資金調達を行い、それを使って融資申し込みを行う顧客に対して、キャッシングでお金を貸すビジネスを行っています。

銀行の場合、預金者からお金を集めることができます。

しかも、銀行の普通預金や定期預金の日本円の金利はほとんどゼロに近い水準になっています。

ゼロに近い金利で預金者から集めたお金を、カードローンの申し込み者に貸し出すビジネスです。

つまり、銀行は、消費者金融会社よりも良い条件で資金調達を行っていることになり、カードローンで申し込み者に提供する金利も下げることができる経済、社会状況にあります。

最高融資限度額が大きいことも、銀行カードローンのメリットです。オリックス銀行カードローンの場合、収入を証明する資料を提出すれば、最高800万円まで融資申し込みを行うことができます。

消費者金融会社などの貸金業者で、800万円までローン申し込みを行うことができるところは、ほとんどありません。

-カードローンtopic
-, ,

Cashing案内 宍道湖産しじみ通販

関連TOPIC

銀行カードローン

3メガ銀、カードローン融資の自主規制を強化

 銀行が無担保で個人に融資する「カードローン」で過剰な融資が相次いでいる問題で、3メガバンクが融資にかかわる自主規制を強化していることが26日、わかった。 みずほ銀行はカードローンによる融資額の上限について利用者の年収の …

詳細はこちら

個人融資 ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行が「口座貸越サービス」で個人融資に参入

無担保最大50万円、ゆうちょ銀行が個人融資に参入 平成29年3月30日 産経新聞より引用 ゆうちょ銀行が個人向けの無担保融資業務の参入に向けて、31日に金融庁と総務省に認可申請することが29日、分かった。 口座から現金を …

詳細はこちら

消費者金融カードローン審査

消費者金融カードローン審査、ここがポイント

消費者金融カードローンの審査ポイント プロミス、アコム、アイフル、モビットなどの消費者金融のカードローンでお金を借りたいと思い早速インターネットで申し込みをしたが、即座に審査に落ちたとのメールを受け取った。 他社借入があ …

詳細はこちら

闇金業者、ソフトヤミ金の見分け方

悪質業者の見分け方

悪質業者の見分け方 最近、高利のヤミ金融、ソフト闇金からお金を借りて、多額の利息をとられたり、厳しい取立てにあう被害が増えてきています。 そのような被害にあわないために、次のような点に注意しましょう。 (1)登録業者かど …

詳細はこちら

銀行カードローンを金融庁が問題視、多重債務の新たな温床

多重債務の新たな温床として、銀行カードローンを金融庁が問題視

銀行カードローンの審査の実態が浮き彫りに 週刊ダイヤモンドの記事が現在の銀行カードローンの実態を表しています。 http://diamond.jp/articles/-/117589 少し長いですが、引用させて頂きます。 …

詳細はこちら

お借入れ希望条件
借入希望金額
万円

  借入希望金額を入力してください
希望借入金利
%/年以下

  年利7.50%の場合[7.50]
職業
  職業を選択してください
ローン種別
  ローン種別を選択してください
その他











希望する条件を選択してください
検索条件は必須ではありません。
※検索結果は金利や限度額で並べ替えができます。