「 おまとめローン 」

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン、プライバシー保護重視のカードローン

横浜銀行カードローン 神奈川県または東京都に居住・勤務の方におすすめ! 借入限度額:最高1,000万円、金利:年1.9%~14.6%の高スペック銀行系カードローン。 来店不要・24時間WEB受付中 ...

詳細はこちら

アイフルなら家族に知られずカードの受け取りが可能!

アイフルのカードローン テレビでもおなじみのアイフル! ご利用は500万円まで、年4.5%~18.0%の利率になります 手続きはネットで全て完了できます! 最短、即日融資も可能!※お申し込みの時間 ...

詳細はこちら

しずぎん フリーローン

静岡銀行のフリーローン しずぎん「フリーローン」!

静岡銀行のフリーローン しずぎん「フリーローン」! なんと、しずぎんは「消費者ローンシェア」「預金シェア」「店舗数」のすべてが静岡県の地銀・信用金庫でNO1。 地域に密着型で評判がいいんでしょうね ...

詳細はこちら

プロミスキャッシング

プロミスのキャッシング、30日間無利息、最短1時間融資

プロミスのキャッシングなら最短1時間融資 来店不要!Webなら最短1時間融資も可能! Web完結で郵便物なしで契約完了! しかも初めてなら30日間無利息!※ ※メールアドレス登録とWeb明細利用の ...

詳細はこちら

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローン(じぶんローン)、auユーザーならau限定割

  じぶん銀行カードローン(じぶんローン) じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資して2008年に設立したインターネット銀行になります。 au WALLETクレジットカードやFXなど様々な分野の商 ...

詳細はこちら

もびっと キャッシング

モビット、「Web完結」での申込なら電話連絡なし、郵送物なしで利用可能!

モビット、「Web完結」での申込なら電話連絡なし、郵送物なしで利用可能! 三井住友銀行グループのモビットのカードローンです。 急な出費にも「10秒簡易審査」で素早く対応!(※1) 「Web完結」で ...

詳細はこちら

消費者金融フクホー

キャッシング・消費者金融のフクホー

キャッシング・消費者金融のフクホーは創業45年 大阪市浪速区に本社所在地がある老舗、創業45年の消費者金融「フクホー」です。 ご来店一切不要、振込みキャッシングの消費者金融です。 ネットでも電話で ...

詳細はこちら

ちばぎんカードローン

ちばぎんカードローン、「不安」を「良かった」にかえるカードローン!

ちばぎんカードローン、Webで手続きが完結!来店・郵送不要! 千葉銀行の「ちばぎんカードローン」 ご融資利率は年1.7%~年14.8%、ご利用限度額が最大800万円。 Webで手続きが完結!来店・郵送不要! おまとめ・借 ...

詳細はこちら

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」6つの安心ポイント

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」 株式会社常陽銀行は、茨城県水戸市に本店を置く地方銀行です。 常陽銀行から日本全国向きのカードローン「キャッシュピット」の提供です。 銀行ならではの安心金利 年2.5%~14.8% ...

詳細はこちら

北洋銀行カードローン スーパーアルカ

北洋銀行カードローン スーパーアルカが 選ばれる理由

株式会社北洋銀行は、北海道札幌市に本店を置く第二地方銀行です。 現在では地方銀行である北海道銀行をも上回る規模を有する北海道最大の金融機関でもあります。 北洋銀行カードローン スーパーアルカ スーパーアルカならお申込み簡 ...

詳細はこちら

おまとめローンとは

おまとめローンとは複数のローンを借りている場合に、新たに複数ローンの債務合計残高以上の貸し付けを受け、現在借り入れしている複数のローンを返済し、ローンの借入先を一本にすること(するための借り入れ)をおまとめローンといいます。

A社から100万円、B社から150万円、合計250万円の融資を受けている場合。

新たにC社から250万円の融資を受け、A社とB社に返済し、借り入れ残高をC社の250万円にし、返済窓口をC社1社にまとめることです。

一般的には複数ローンを一つにまとめるためのローンのことを「おまとめローン」と呼んでいますが、おまとめローンを目的とした「おまとめローン」を商品として貸し付けている金融会社もあります。

有名なところでは「東京スター銀行・スターワンバンクローン」などがあります。

おまとめローンのメリット

1.返済の窓口が1つになるので管理がラク

これまで、毎月10日にはA社に35,000円。

毎月20日にはB社に27,000円と複数の返済を行っていたのが、「おまとめローン」1つにまとめることで月に1度の返済で良くなり、管理がしやすくなります。

また、返済の負担が減りますので精神的にも楽になると思われます。

2.完済までの返済利息を含めた総返済額を減らすことが可能

現在、A社からは年利13%で借り入れ、B社からは11%で借り入れしているとすると、現在借り入れしているよりも低い金利で「おまとめローン」が組めれば、その分支払い利息が減り完済までの返済額を減らすことが可能です。

ただ、この場合新たに借りる「おまとめローン」の金利が現在借りているカードローンよりも低くないと意味がありません。

逆に返済額が増えてしまって「おまとめローン」を組んだ意味がなくなります。

3.借り入れ限度額が多くなるので低金利で借り入れが可能

一般的に借り入れ金額が多くなると金利が低くなる傾向があります。

「おまとめローン」として大口で借り入れを申し込みし審査に通れば、小口で借りるよりも低い金利で借り入れすることが可能です。

低い金利で借り入れできれば利息負担も減りますので完済までの返済額も少なくなります。

おまとめローンのデメリット

1.必ずしも総返済額を減るとは限らない

現在の複数の借り入れを現在の金利より低いおまとめローンで一本化できたからといって、必ずしもそれが総返済額が減るという訳ではありません。

ローンの返済総額には金利だけではなく、返済回数、返済期間など関係してきます。

現在の金利の半分でおまとめローンが組めた場合でも、返済期間が倍になれば支払い総額は逆に増える場合もあります。

ですので、金利だけを考えるのではなく返済期間、月々の支払額などトータルでどちらが得なのかをよく考えないといけません。

2.審査は厳しい

おまとめローンの場合は、現在他社の借り入れが複数件あるということです。

まず、この時点で審査は不利になります。

金融会社にもよりますが、他社の借入件数が3件を超えると仮審査で審査が落ち、本審査まで至らないという場合もあります。

また、申し込み限度額も多くなりますので、その分審査も厳しくなります。

3.返済方法によって借金自体が減らないかも

契約書(金銭消費貸借契約証書)を作成して借り入れする証書ローンのように返済期間や月々の返済金額が決まっており、基本的に追加の借り入れが出来ないようなローンなら問題はありません。

問題なく返済していると、契約書通りの期日が来ると借金は完済しています。

厄介なのがリボ返済型のローンです。

リボ払いの場合、月々の支払いは借入残高に対しての最少返済額(ミニマムペイメント)だけで問題ありません。

このミニマムペイメントが曲者で借入残高に対して決まり、借金残高が減るとこのミニマムペイメントの額も減ります。

ある金融会社では200万円の残高で3万円、100万円の残高で2万円のミニマムペイメントです。

200万円の残金を月々3万円の支払いだけで支払い続けると、元本の返済だけで5年以上掛かります。

これに利息がついてきますので、完済できるのはかなりの未来になります。

また、ここからが残高スライド方式のリボ払いの特徴ですが、借金の残金がようやく100万円になれば、今度はミニマムペイメントが2万円に減ります。

そうすると、返済額が減りますのでさらに返済期間は伸びます。

ですので、ボーナスなどの臨時の収入の何割かは強制的に返済に充当するなどの、追加返済をしないと、ミニマムペイメントだけの支払いでは借金は減っていきません。

また、さらに厄介なのがリボ返済できる借り入れは、融資枠の範囲内では借り入れ自由ですので、借金が残っていても再度借り入れができてしまいます。

完済の為に「おまとめローン」を組んだのに、軽い気持ちで借り入れをすると借金の完済は遠のいていくばかりです。

「おまとめローン」を組んで借金を完済するには、本人の完済への強い意志がないと難しいかもしれません。

お借入れ希望条件
借入希望金額
万円

  借入希望金額を入力してください
希望借入金利
%/年以下

  年利7.50%の場合[7.50]
職業
  職業を選択してください
ローン種別
  ローン種別を選択してください
その他











希望する条件を選択してください
検索条件は必須ではありません。
※検索結果は金利や限度額で並べ替えができます。
初めての方に金利0円、アコム